ポストとハートマーク

たくさんの情報が盛り込める圧着ハガキは広告郵便として有能

できるだけ面積の広い広告郵便をつくろう

広告郵便は、ハガキサイズだと広告の面積はたりるでしょうか。ハガキ一枚のスペースで伝えたい事をすべて伝えたいと思ったらとても難しいのではないでしょうか。では、どうやってその問題を解決すればいいのか疑問に思うとおもう方もいると思います。その解決策は、広告郵便として圧着ハガキを使えば問題解決できます。
なぜ解決できるのかという事ですが、ハガキを折りたたんで圧着するから解決できるのです。もう少し詳しく説明するとハガキサイズを何回か折りたたんで圧着するという事でハガキ1枚の面積を広げる事が可能だからです。その場合心配になると思うのが、広告郵便の発送費用です。ハガキ1枚の発送料金は決まっていますのでその何枚分の面積というと発送料金もその分ハガキの面積分必要かと思いますが、圧着して1枚のはがきサイズにしているので面積を広げたからといって発送費用が変るという事はないのです。
同じ料金で広告を届けられるなら面積のひろくて沢山の情報を記載できて伝えたい事をしっかり伝えられるだけの面積があるハガキの方がよくないでしょうか。
では、そんな広告をどうやって作ればいいでしょうかという疑問にぶつかりますが、この解決策はとても簡単です。
専門業者に依頼に依頼しましょう。何から始めたらいいのか分からない状態でもしっかり対応してくれて手軽に作る事ができます。

個人情報を隠して送れる広告郵便

ダイレクトメールは、いろいろな利用方法があり多くは、広告としてのダイレクトメールが多いのではないでしょうか。そんな、広告郵便ですが、ダイレクトメールで広告を送る以外に使う方法もあるのです。しかも、とても有効な使い方が出来るのです。では、その有効な広告郵便の使い方とはいったい何でしょうと疑問に思うと思うでしょう。
具体的には、圧着ハガキを使用して送ります。なぜ圧着なのかと思うでしょうが、その点が最大のメリットだからです。折りたたんで圧着した面は、郵便物として送っても、本人が開くまで中身が誰にでも見られる事がありません。そのプライバシーを守る所がとても大事な事で重要な所です。プライバシーを守るという事で広告郵便としての内容を請求内容や、購入履歴など個人で何かに使ったという情報を他人から守る事ができます。
あまり他人に見られたくない請求内容や、使用用途が分かってしまうような内容の印刷部分は、圧着して剥がすまで見えない面に印刷しましょう。そうする事で個人情報を隠して発送する事ができます。ではどこで作成すればいいのかという事ですが、専門業者に依頼してしっかりと個人情報を守ってダイレクトメールを送ってみてはどうでしょうか。

もらって嬉しい広告郵便を作るには

広告郵便として色んな広告を見る機会が多いと思いますが、もらって嬉しい広告にはなかなかであった記憶がないのではないでしょうか。広告をうけとるとしっかり見るものと見ない広告に分かれる傾向があるとおもいますが、広告郵便を作るのならもらって嬉しい広告にしたいところです。では、もらって嬉しいって具体的にどうすればできるのという事ですが、広告郵便として送られてくるダイレクトメールが圧着ハガキでハガキを開けばクーポン券がついていますなど徳をする内容が記載されていたらどうでしょうか。または、今月誕生日のお客様へという印刷をみてハガキを開けばプレゼント内容が見れますとなっていれば、もらって嬉しい広告になってないでしょうか。このように印刷内容を少し工夫するととても、喜んでもらえるダイレクトメールを作る事ができるのです。
あとは、実際に印刷してハガキを圧着して発送できればいいのですが、その点は、専門業者に依頼するともっと具体的な企画など考えてくれたり面倒な作業から発送作業まですべてお任せする事が出来ると思います。もらって嬉しい広告をしっかり作ってレスポンスが物凄くあがれば作るがわもとても楽しい事です。
受け取る側の気持ちを考えて広告を作るのはとても効果が期待できます。


DMなどの広告郵便でメリットが多い圧着ハガキを専門業者に依頼しましょう!
【ユニオン印刷株式会社】は短納期にこだわっているのでおすすめですよ。

配達員の女性

new posts

update post

2019年04月12日
広告郵便なら圧着ハガキが便利でおすすめを追加しました。
2019年04月12日
広告郵便に圧着ハガキを使用するメリットとはを追加しました。
2019年04月12日
広告郵便は企画によって可能性が広がるを追加しました。
2019年04月12日
圧着したハガキでコストを抑えて請求書を発送を追加しました。